AB

日常の記録ができればいいなと思ってブログ始めました

涙道手術

久しぶりの更新になります!

 

昨日、初めて手術を受けました!

涙点にチューブを挿入する手術なので外見では何も変化ありません。それもあってこの手術を受けることに決めました。

 

中学生だった頃からずっと涙がぽろぽろこぼれて、常にふき取ってました。笑ったら拭き、上を向いたら拭き、何もしてないけど拭き、とにかく拭いてない時はなかった。マラソンなどしようものなら辛くなくても(いや辛かったけど笑)泣きながら走ってました

 

そんな状態がすごく嫌で眼科に何度か行ったけど、どこの眼科も全て診断は「ドライアイ」。目薬だけ処方され、ちゃんと使うんだけど何も変化なし。。。涙目は変わらず。

 

いつの間にか就職もして27歳に。。。面接とか涙がこぼれないか、すごくストレスだった。。。

 

今の職場で常に笑顔で仕事をしてる男性の先輩がいるのですが、その方から「笑顔がかわいい💛」って言われるようになって、涙が出ない自然な笑顔を作りたいなと思い始めました。それから色々調べたり、人の助けも借りて涙道外来があるクリニックと病院に通うようになり、今回のチューブ挿入の手術を受けることになりました。

 

結局何が原因で涙がこぼれるのかはまだ分からないのですが、とりあえずチューブを入れて様子を見ることにしました。

 

チューブを上下の涙点に挿入すると、そのチューブを伝って涙が鼻に落ちていきます。これにより涙目が軽減するという仕組みです。

 

手術当日は朝食抜き!だるい体、ノーメイクで電車に乗り病院へ。

 

病院へ到着し、個室の病室へ案内されました。手術前はここで服を着替え、手術後はここで寝て様子をみることになるとのことでした。

 

看護師さんから説明を受け、麻酔科の先生からもお話を聞き、服を着替えたのが10時前。麻酔医から「落ち着いてますねぇ」って言われたんですが、ただ眠いだけでした。私昔からずっと落ち着いてるって言われるんです。。。ちょっとこれコンプレックスなんですな。まだ若いんだからきゃぴきゃぴしたいです(死亡)

 

手術の不安は一切ありませんでした。それより日頃寝不足のため早く寝たかったです。手術中ずっと寝られるなんて最高やん!なんて考えてました。

 

手術直前って点滴してもらうんですね。私血管が見えにくいので、稀に2、3回刺されることがあります。そのため注射はいつも嫌な気分に。。。しかも今回は太い針!!うーん、嫌だなぁ。。。

 

うん、大変痛かったです

 

でも一回で済んだのでよかった。点滴は刺した後もずっと痛いのですが、これって普通なんでしょうか。

 

点滴を持って歩いて手術室へ。私の前の患者が赤ちゃんだったため、手術室ではアンパンマンマーチが流れてました。手術室って音楽流れるんですね!!

 

「はい、麻酔しますね。すぐ眠くなりますよ」

 

って言われて5秒数えたんですが、眠くならない。なんて考えてたら天井が歪んで意識消失。。。

 

眼が覚めたらベットの上でした。それから寝れる幸せを感じながら寝ることに努めました笑

 

呼吸のためのチューブが口から入っていたため喉はいがいが、下唇の内側には口内炎みたいなのができてるわ、目がしらはやっぱり痛いわで大変でした。

水を飲んで異常なし。カロリーメイトを食べても異常なし。何も異常なしで無事帰れることになりました。

 

今回ずっと担当して下さった看護師さんが親切丁寧でホスピタリティを感じました。主治医も麻酔医もとても良くしてくれました。感謝です。

 

カロリーメイトね、ゼリー状じゃないとダメだったみたいなんですが、私が用意したのは固形。。。落ち着いてる割りにどこか抜けているのが玉に瑕な私です泣

 

固形OKになったからよかったけどね!